「気をつける」は解決策じゃない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
気をつける?は解決しない

よくミスしたときの反省的な文章や、新入社員の日報などに「気をつけます」という言葉が入っていることがある。

また、上司もミスがあったときに、「次からは気をつけて下さい」という指導をすることが多い。

しかし、大体の場合、その数日後に同じようなミスをする。

その新入社員が悪い?

  • 気をつける
  • 気を引き締めて業務に当たる
  • 注意をする
  • 一件一件大事にする

など様々なところでしょっちゅう目にする言葉だが、必ず同じような間違いが数週間、下手すると数日後に発生する。

これは、新入社員がいけないのだろうか?

否、新入社員だけではなくて、大半の人が同じようなミスを繰り返しているはずだ。あなた自身も覚えがあるだろう。

なぜ気をつけて解決しないかというと、具体的に「ミスをしないように気をつける」というのが何を表しているかわからないからだ。

「気をつける」は解決策じゃない

率直に言って、「気をつける」などの意識は変えられないと思った方がいい。

意識は変えられない。成功体験を積み重ねて変わることはあるけど、変えられない。

変えられるのは行動だけだ。

教習所で運転の仕方を習ったとき、「横にバイクがいないか気をつけてから曲りましょう」と言われただろうか?

「前、サイドミラー、横目視をしてから曲がるように」と習ったはずだ。

このように変えられるのは行動であって、意識ではない。意識を変えるのは難しいという認識を教える上司も、もちろん本人も理解しないといけない。

行動に落とし込む

同じようなミスをしたくないのなら、解決策は2つしかない。

  • 行動に落とし込むか
  • ミスしないシステムに変えるか

だ。本人は上を選ぶべきだし、上司は下を選択するべきだ。

「気をつけるは解決策にならない」

「気をつけてくれ!」という発言をする前に、まず意識してみてはいかがだろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*