【研修担当者向け】生産性向上研修を実施している企業15選

生産性向上研修
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

少子高齢化や人口減少に伴う人手不足、働き方改革などにより、企業にとって生産性向上は重要なものになっている。また、個人にとっても報酬アップや昇格、ワークライフバランスの実現といったプラスをもたらすものである。

本ページでは、生産性向上研修を提供している企業をまとめている。限られた人員、時間、資源の中で最大限の成果を生み出したいと考えている企業はぜひ参考にしてほしい。

研修企業一覧

それでは早速、生産性向上研修を提供している企業を見ていこう。

株式会社リカレント

リカレントURL: リカレントの生産性向上研修

一社向けの講師派遣型研修でも、検索してすぐに見積もりを作成、研修アレンジにも無料対応といった、現場に役立つ研修を、早く、簡単に探すことができる社員研修サービスだ。

リカレントの生産性向上研修では、業務フロー作成や標準化、PDCAサイクルの設定など組織的な体制づくり、コストダウンやミスの削減といった運営上の改善など、様々な状況に対応することができる研修メニューが用意されている。そのため、どの職種にも対応でき、企業の課題に合わせて最適な研修を提案することが可能だ。

業務改善が必要とされる背景、組織から求められる改善結果などの基本的な事項について理解を深めていく、具体性を持った研修内容が特徴となっている。

特徴

  • 様々な研修メニューを提供
  • 幅広い職種や企業の課題に合わせて研修内容を提案
  • 具体性を持った学習内容

研修スタイル:集合研修、オンライン研修

日数:3~6時間(企業に合わせて対応可能)

リクルートマネジメントスクール

リクルートマネジメントスクールURL: https://www.recruit-ms.co.jp/open-course/

年間24.5万人へ社員教育・社員研修を提供してきた、株式会社リクルートマネジメントソリューションズが提供する、異業種交流型の研修サービスだ。

卓越した成果を生み出すための考え方、知識、スキルを習得することができる生産性向上研修を開催している。成果を生み出すための課題設定、実行プロセス、セルフマネジメントの具体的なステップを学ぶことで、今後何をしていくべきかを具体的にイメージすることができる内容だ。研修効果を高めるための付属ツールもついているため、研修後も学習した内容の振り返りや実践に役立てることができる点がポイントである。

特徴

  • 卓越した成果を生み出すための方法を学習
  • 実践におけるイメージができる具体的な内容
  • 研修内容の実践をサポートする付属ツール

研修スタイル:集合研修

日数:2日間

株式会社インソース

株式会社インソースURL: https://www.insource.co.jp/index.html

全国に24拠点を持ち、『あらゆる人が「働く楽しさ・喜び」を実感できる社会をつくる』を経営理念に研修サービスを展開している企業だ。

インソースの生産性向上研修は、組織の課題がどの部分にあるのかをヒアリングした上で、最適な研修を提案している。まずは、ムダを徹底的に可視化し、変更の必要性があるということを強く認識することから始める。そのうえで、役割ごとに異なる具体的な生産性向上のためのスキルを身に付けることができる内容となっている。様々な生産性向上のためのプログラムが用意されているため、自社にあった研修を実施することが可能だ。

特徴

  • ヒアリングした上で最適な研修を提案
  • ムダを徹底的に可視化
  • 役割にあった具体的な生産性向上スキルの習得

研修スタイル:集合研修、オンライン研修

日数:2時間~2日間

Schoo

SchooURL: https://schoo.jp/biz/

20万人のビジネスマンに支持されているオンライン研修と自己啓発学習を組み合わせたeラーニングだ。

マネージャーや管理職を対象に、チームの生産性向上を行うために必要な組織マネジメントやスキルを学ぶことができる研修を提供している。「チームで成果を出すためのコーチング」や「モチベーションに依存しない組織マネジメント」など幅広いテーマで研修を受講することが可能だ。また、受講者一人ひとりに合わせて研修動画を組み合わせることもできるため、個々人のスキルレベルや職種などに合わせて研修をカスタマイズして研修を実行することもできる。

特徴

  • マネージャーや管理職対象
  • 幅広い研修テーマ
  • 受講者一人ひとりに合わせて研修動画をカスタマイズ

研修スタイル:オンライン研修

研修日数:6時間

ミテモ株式会社

ミテモ株式会社URL: https://www.mitemo.co.jp/

教育、デザイン、ITの力を掛け合わせ、研修サービスを提供している企業だ。

ミテモでは、リモートワーク環境で働く一人ひとりの生産性を向上するための考え方やスキルを身に付けることができる研修を開催している。リモートワーク時代の環境変化を正しく理解した上で、自分自身のパフォーマンスを上げるための考え方を習得できる内容となっている。リーモートワーク環境下での業務を想定して、オンライン会議ツールやチャットなどのコミュニケーション・ツールを用いて実践的な演習を行う点がポイントだ。

特徴

  • リモートワーク環境での生産性向上研修
  • リモートワーク時代の環境変化を正しく理解
  • リモートワーク環境下での業務を想定した実践的な内容

研修スタイル:オンライン研修

日数:問い合わせ

イントランスHRソリューションズ株式会社

イントランスHRソリューションズ株式会社URL: https://www.t-intrance.com/

研修前後の設計にこだわり、「効果を出す研修」を提供することを心掛けている企業だ。

自部署の資源を活かし、限られた時間の中で成果に繋げる方法を学ぶことができる生産性向上研修を開催している。職場の現状分析から取り組むべき課題を明確にし、具体的に対策や検討を実施するため、すぐに職場で実践できるノウハウやスキルを習得することが可能だ。豊富な事例や演習も交えることで、実践的な内容となっている点も特徴である。

特徴

  • 自部署の資源を活かし、成果に繋げる方法の習得
  • 職場の現状分析から具体的対策までを検討
  • 事例や演習を交えた実践的な内容

研修スタイル:集合研修

日数:1日~2日間

JMAソリューション

JMAソリューションURL: https://jma-solution.com/

1942年の創立以来「人材育成事業」を行う一般社団法人日本能率協会が講師派遣型・カスタマイズ型研修を中心に提供する、個別課題解決サービスだ。

自らが改善の必要性を実感し、自ら改善した状態を維持していく人材育成に重点を置いた生産性向上研修を提供している。研修では業務の課題を深堀するワークショップを実施し、実効性のある仕組みと持続的な改善マインドの醸成を行うことができる内容となっている。また、豊富な研修ラインナップから組み合わせて多面的に課題へアプローチすることで、多角的な課題対策が求められる場合でも対応することが可能だ。

特徴

  • 実効性のある仕組みと持続的な改善マインドの醸成
  • 豊富な研修ラインナップ

研修スタイル:集合研修、オンライン研修

日数:企業ごとに対応

株式会社JBMコンサルタント

株式会社JBMコンサルタントURL: https://jbmhrd.co.jp/

導入実績19,000件以上、受講者数17万人以上の実績を持ち、対象企業に合わせたオリジナル研修コンテンツを提供し、職場で再現できる状態を目指した体感型トレーニングで実践スキルを体得することができる研修を提供している企業だ。

無駄な会議を減らし、資料作成の時間を減らすことによる生産性向上研修を提供している。ワークライフ・バランスを推進していきたい企業、会議減少のためのプロセスを意識してこなかったり、資料作成を各人のセンスに任せてしまっている企業におすすめの研修となっている。

特徴

  • 無駄な会議の減らし方
  • 資料作成の時間短縮方法の習得

研修スタイル:集合研修

日数:問い合わせ

SMBCコンサルティング株式会社

SMBCコンサルティング株式会社URL: https://www.smbc-consulting.co.jp/smbcc/top/public/wzwd0110/display

SMBCグループの一員として、企業向けに研修を提供している企業だ。

生産性を向上させるタイムマネジメントスキルが身に付くセミナーを開催している。時間のムダ使いの原因となっている業務を洗い出し、重要な業務を行う時間を創り出すための改善策を考えることができる研修だ。講師自身が実践している時短化・効率化のテクニックや他社の好事例を紹介しているため、具体的に学ぶことができる内容が特徴となっている。

特徴

  • 生産性を向上させるタイムマネジメントスキルを習得
  • 時間の使い方を見直す研修
  • 具体的な事例の紹介

研修スタイル:集合研修

日数:1日間

NECマネジメントパートナー

NECマネジメントパートナーURL: https://www.neclearning.jp/

様々な人材を抱えている強みと、NECグループでの実績を活かして人材育成対象者の事情や状況に合わせた研修を提供している企業だ。

自らの仕事の「ムダ」を発見・分析・排除して、仕事の流れの「見える化」によりチーム成果をが得る方法を学ぶことができる生産性向上研修を開催している。ワークも多く取り入れられているため、実践的にスキルを身に付けることが可能だ。

特徴

  • 自らの仕事の分析
  • 仕事の見える化による生産性向上
  • オンライン研修

研修スタイル:オンライン研修

日数:1日間

研修便利帖

研修便利帖URL: https://iec.co.jp/tool/benricho/

株式会社アイ・イーシーが運営する、研修を企画する人に見やすく、シンプルにを心掛けた研修情報サイトだ。

初心者向けに演習を多くした生産性向上研修を開催している。知識を学ぶだけではなく、自分自身の仕事や生活を振り返り、生産性向上を自分事としてとらえることができる内容となっている。生産性向上につながる優先順位の原則を学び、どのような業務・場面でも応用力をもって生産性を高めることができる能力の習得が可能だ。

特徴

  • 初心者が対象
  • 演習を多く取り入れた研修
  • どのような業務・場面でも応用可能な能力の習得

研修スタイル:集合研修

日数:1日間

学校法人 産業能率大学 総合研究所

学校法人 産業能率大学 総合研究所URL: https://www.hj.sanno.ac.jp/cp/

マネジメント研究と実践的な教育において90年以上の歴史と伝統を誇り、経営課題解決のための豊富なソリューションを提供している機関だ。

産業能率大学の生産性向上研修は、働く個人に焦点を当て、現状の働き方をチェックし、生産性向上の必要性を理解した上で、自分なりの働き方を考えることができる研修となっている。演習が7割と実践的な内容となっているため、明日からの仕事に即役立てることが可能だ。

特徴

  • 働く個人に焦点を当てた生産性向上研修
  • 自分なりの働き方を再設計
  • 演習が中心の実践的な内容

研修スタイル:集合研修

研修時間:2日間

TAC

TACURL: https://www.tac.biz/

企業それぞれの課題ニーズに即した研修プログラムをカスタマイズし、「戦略的人材育成パートナー」として人材教育サービスを提供している企業だ。

TACでは、労働者の時間の使い方を見直し、費やす時間の価値を上げるといった手法による、生産性向上のための研修を提供している。タイムマネジメント術、効果的なミーティングの企画運営の方法、ミスの減らし方、目標達成のためのマネジメント手法など、企業の課題に合わせて研修を選択することが可能だ。

特徴

  • 企業の課題に合わせて研修内容を選択
  • カスタマイズ可能

研修スタイル:集合研修

日数:1日間

サイコム・ブレインズ株式会社

サイコム・ブレインズ株式会社URL: https://www.cicomb

人材育成のエキスパートといて、組織課題の解決と個人の自律的キャリア形成を支援するための研修を提供している企業だ。

オンライン配信による事前の映像講義とワークショップを組み合わせることで、高い学習効果を期待することができる学習スタイルが特徴の生産性向上研修を開催している。生産性を高めるための改善ポイントを認識し、ワークショップにて定めた課題に対するアクションプランを作成するため、より現場に沿った内容となっている点が特徴だ。また、研修後のレビューと効果測定により、継続的な生産性向上活動を実現することができるプログラムとなっている。

  • 映像講義とワークショップを組み合わせた研修
  • 現場の課題にあったアクションプランを作成
  • 研修後のフォローが充実

研修スタイル:オンライン研修+集合研修

日数:1日間

株式会社ビズパワー

株式会社ビズパワーURL: https://bizpowers.jp/

組織開発と人材育成を専門とする研修会社だ。

労働生産性向上に効果的な研修として、管理職向けにはマネジメント研修、リーダーシップ研修、若手・中堅社員向けにはビジネススキル研修、コミュニケーション研修、課題解決力研修を提供している。それだけではなく、会議の効率化を図る研修や部門間連携の効率化を高める研修もあるため、企業の課題に合わせて研修を選択することが可能だ。それぞれの研修にはワークなども豊富に取り入れられているため、実践的なスキルを習得することができる。

特徴

  • 生産性向上に役立つ様々な研修を提供
  • 実践的な研修

研修スタイル:集合研修、オンライン研修

日数:2時間~2日間

まとめ

本ページでは、生産性向上研修を提供している企業をまとめてみた。

生産性を向上させることは、企業にとっても個人にとってもメリットが大きいものである。

研修担当者は、本ページを参考に研修の実施を検討してみてほしい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*