現場の担当者に人材育成を丸投げしていないか?

人材育成

20人〜100人くらいの規模感の会社だと、人材育成の担当者がいることは少ない。

新入社員が入ってくると、人事部の採用担当が兼任で対応して、採用でバタバタとしながらもなんとか研修を数週間実施し、現場に送り出しているのではないだろうか?

人材育成は現場に任せてしまうということになる。

いい面もあるが、企業規模を大きくするためには悪い面も大きい。

続きを読む

インセンティブに関する勘違い

insentive

「成果を上げたければ、成果報酬型でインセンティブを出せばいい」

これはビジネスの世界で広く知られている常識だ。

しかし、インセンティブによるモチベーションアップは、仕事の種類によっては働かないどころか悪影響が出るのをご存知だろうか?

続きを読む

企業内エリート教育の実際とポイント

企業内エリート教育

エリート教育と聞くと良くない印象を持つ方も多いだろう。

良くないという印象は確かに正しい。実際日本で行われてきたエリート教育は、現在では効果がないものになっている。

だからこそ、経営者と経営者層を育成しようとしたら、正しいエリート教育を実施しないといけない。

全員に経営を学んでもらう余裕はないし、適材適所が企業の基本だからだ。

続きを読む

経営者が直接教育をする効果

経営者による教育

あなたがもし経営者で、会社がひとつの方向に向いていないように感じるなら、あなた自身による教育はとても有効だ。

1年間もすれば、劇的に会社が変わること請け合いだ。

続きを読む

【目標設定の仕方】SMARTを活用しよう!

smart

人材育成のためにも個々人に目標を設定してもらうとき、なかなか悩むのが「どんな目標を立ててもらえばいいか?」だ。

正月に決める1年の豊富とは違って、人材育成の目標はきちんと追いかけて達成してもらわなければいけない。

目標設定は「SMART」を使うことをオススメする。今日はSMARTについて詳しくご紹介しよう。

続きを読む

Technological Innovationと企業内学習ができること

technological innovation

昨日、スイスのビジネススクールIMD教授のHoward Yuの話を聞きにいった。IMDは企業内学習でも有名なビジネススクールだ。

テーマはテクノロジーのイノベーションだったが、企業内学習で役に立つ話があったのでここでもシェアしよう。

続きを読む

やりっぱなし研修をなくす方法

やりっぱなし研修

研修はやりっぱなしになることが多い。

しかし、研修はやって終わりではなく、研修結果を追いかけて、行動を変化させるのが目的だ。

今日は研修結果を追いかける方法について、だ。

続きを読む

やる気のある研修参加者を増やす!研修案内の作り方

研修案内書
  • 経営の方向性に合わせて足りない部分を研修に組み込んだ
  • 上層部も現場のトップもこの研修は必要だと言っている
  • 講師との打ち合わせも入念に行って、後は参加者を募るだけだ

ここまで準備した状況で、なぜか研修参加者が集まらないという話は良く聞く。

しかたなく強制して参加してもらっても、やる気のない受講生が多くなり、研修自体がうまくいかなかったという話も良く耳にする。

どうやったら、やる気のある研修参加者を増やせるか?

続きを読む